福島県屋外広告美術協同組合の組合概要。福島の看板 製作は福島県の看板 組合加盟店で。福島市、郡山市、本宮市、二本松市、会津若松市、喜多方市、須賀川市、白河市、いわき市の組合加盟の看板店で


[TOP] - [福島県屋外広告美術協同組合 組合概要]

福島県屋外広告美術協同組合 組合概要

名称 福島県屋外広告美術協同組合
所在地 福島県福島市渡利字西の内25-11 エステートワタリ2号
郵便番号 〒960-8141
TEL 024-524-0937
FAX 024-524-0938
支部数 8支部
(福島、二本松、郡山、須賀川、白河、会津、いわき、相双)
会員数 82名  <2012年1月1日現在>
理事長 大戸 邦男 <(株)クリエイティブダイワ>
沿革
  • 昭和33年1月29日 福島県広告美術看板協会設立
  • 昭和33年12月9日 (社)全日本屋外広告業団体連合会加入
  • 昭和34年10月27日 東北地区屋外広告美術業組合連合会加入
  • 昭和36年9月17日 福島県広告美術業組合に改称
  • 昭和44年5月1日 福島県広告美術協同組合に改組(法人化)
  • 昭和49年3月1日 福島県屋外広告美術協同組合に改称
設立目的

本組合は、会員の相互扶助の精神に基づき屋外広告業の向上発展に資するため必 要な共同事業を行い、以って会員の自主的な経済活動を促進し且つその経営の安定 及び社会的地位の向上並びに相互の融和親睦を図ることを目的とする。
また、われわれ屋外広告業者は、(社)全日本屋外広告業団体連合会「屋外広告倫理要綱」の組合創立の精神にのっとり、本業の担う社会的使命を認識し、もって社会の信頼に応えなければならない。

  1. 屋外広告は、真実を語り、品位と道義を重んじ、公序良俗を助長するものでなければならない。
  2. 屋外広告は遵法の精神を尊び、都市美の向上をはかり、公衆への危害防止に努めなければならない。
  3. 屋外広告は常に豊な芸術性と高度の科学性に根ざし、「国民生活の道標」としての責任を果たさなければならない。
事業及び活動
  • 共同資材購入
  • 共同受注
  • 経営改善のための研修会開催
  • 各種共済保険制度
    • 屋外広告物賠責共済
    • 事業所生命共済
    • 所得補償共済
    • 屋外広告士試験関係斡旋
    • 技能検定試験関係斡旋
    • 技能グランプリへの選手派遣